マンション 1 階のメリットとデメリットは何があるの?詳しく解説!

不動産

マンションに入居する際に悩むことの一つに、どの階に住むかということがあります。

後から後悔しないためには、事前に注意点を知っておく必要があります。

この記事では、マンションの1階に住む際に気をつけるべきポイントについて説明します。

マンションの1階に住むメリット

マンションの1階に住むメリットとして以下の項目があります。

割安な価格で購入できる

マンションにおいては、高層階に位置するほど住宅価格が上昇する傾向があります。

逆に言えば、下の階になるほど価格が手頃になるため、住まいを手に入れる際にメリットがあります。

予算に余裕がある場合は、他の部分にお金を使うことができるため、設備のグレードアップや快適な生活をサポートするアイテムの導入などが可能となります。

そのため、住まい選びの際には、高層階での暮らしを希望しながらも、購入予算とのバランスを考慮することが重要です。

下階の住民とのトラブルがない

小さな子供を持つ家庭では、隣人に迷惑をかけていないか心配することがあります。

特に、マンションの一階に住んでいる場合は、自分が一番下の階になるため、下の階の住人への心配はなくなります。

集合住宅では、生活音が気になることもありますが、このような心配をする必要がないことはメリットです。

日常生活において、ストレスを軽減することができます。

出入りがしやすい

1階にお住まいになると、建物の外への出入りがとても便利になります。

エレベーターを使用しなくても済むため、高層階に住んでいる場合と比べて、朝の通勤や通学の際に時間を節約することができます。

さらに、高齢者のご家族の場合は、外への行き来が容易な点は体への負担を軽減する上でも非常に重要なポイントです。

家族構成に応じて、1階にお住まいになる利点はたくさんあるのです。

避難しやすい

1階に住むと、地震などの災害時に避難が容易になります。

特に小さな子供や高齢者がいる家庭にとっては、この点が大きな利点となります。

エレベーターが停止してしまっても、階段を使って上り下りする必要がないため、万が一の場合に備えても安心です。

マンションの1階に住むデメリット

マンションの1階に住むことには、いくつかのデメリットがあります。

まず、防犯面では、1階が他の階よりも侵入のリスクが高くなります。

窓やベランダにアクセスしやすいため、泥棒や不審者の侵入の可能性が増えます。

虫が入ってきやすい

さらに、1階の部屋は高層階と比べて虫が入ってしまいやすいです。

虫が苦手な方は、周りの環境を注意深く調べてよく考慮することが重要です。

外部の目が気になる

通常、建物の最下階にあたる1階部分は、通常道路に面していることが多いです。

そのため、プライバシーを守るための目隠しを設置していても、外からの視線が気になることがあります。

ですので、内見をする際には、バルコニーや窓から外の様子を確認することがおすすめです。

また、逆に外から部屋の中をのぞくこともできます。

そのようにすることで、周囲の環境や道路の賑わいを確認したり、部屋の内部を見ることができます。

この方法を利用することで、自分にとって理想的な環境であるかどうかを判断することができます。

防犯面での工夫が必要

1階の部分は、建物の外とのアクセスがしやすい特徴を持っていますが、逆に不審な人物が侵入する可能性も高い要素が存在する点には十分注意が必要です。

物件を選ぶ際には、マンションの建物自体の防犯性について、オートロックや防犯カメラなどをチェックすることが重要です。

これらの設備が充実しているかどうかを確認しておきましょう。

眺望はあまり期待できない

マンションの高層階と比べると、1階の部分には植え込みや植物があるため、部屋から外を見るという点では期待できる眺めはあまりありません。

ただし、建物が高い場所に位置していれば、1階にいても見晴らしの良い場所も存在する可能性がありますので、居住地を決める際にはいろいろな要素を考慮してみましょう。

日当たりや風通しがよくない場合も

もしも高層階にお住まいなら、日照や風通しは心配いりません。

しかし、1階の場合はそうはいきません。

1階の部屋は、日照や風通しが十分に得られないことが多いため、湿気がたまりやすくなります。

そのため、湿気を逃すための換気を考える必要が出てきます。

換気扇の設置や窓を開けることによる風の通り道の確保など、対策を講じることが大切です。

湿気対策を怠ると、カビや雑菌の繁殖が進行し、室内環境が悪化する恐れがあります。

ですから、1階の住まいにお住まいの方は、日当たりや風通しに注意し、湿気を逃す対策を行うようにしましょう。

1階に住む場合のチェックポイント

マンションの1階に住むことを検討している場合、内見時にいくつかの重要なポイントをチェックしておく必要があります。

まず、1階に住む際には防犯面について気を配る必要があります。

セキュリティがしっかりと整備された建物であるかを確認しましょう。

管理人が常駐していたり、防犯カメラが適切に設置されているマンションを選ぶと安心です。

また、河川の近くに位置するマンションは水害などのリスクがあるかもしれませんので、周辺環境にも注意が必要です。

ハザードマップなどを確認してみることをおすすめします。

さらに、1階のマンションには専用庭がある場合がありますが、その使い方や制限については管理規約などをチェックしておくことが重要です。

専用庭を活用する際には、ルールを守ることが求められます。

これらのポイントをあらかじめチェックしておくことで、1階に住むことに伴う潜在的なデメリットを最小限に抑えることができます。

住み替えを将来的に行う事も考えて選ぼう

マンションの1階に住むと、いくつかのメリットを感じることができます。

特に、シニア世帯の場合は、1階に住むことで外出や帰宅が楽になります。

また、災害時においてもリスクが軽減されるため、安心感を得ることができます。

また、子育て世帯の場合は、将来的に住み替えをする可能性があるかもしれません。

そのため、利便性を考慮し、1階を選ぶことも一つの選択肢です。

通勤や通学がしやすい立地に住むことで、日常生活がより快適になるでしょう。

ただし、居住環境において日当たりや風通しの良さを重視する人にとっては、高層階に住むことが望ましい場合もあります。

将来的に住み替えをする予定がある場合は、どの階に住むかを慎重に考慮することが重要です。

各階の利点やデメリットを比較検討して、自身のニーズに合った選択をすると良いでしょう。

まとめ

1階に住むことで、階段やエレベーターの使用を気にする必要がなくなります。

また、下の階の住民との騒音などのトラブルの心配もありません。

ただし、1階部分には日当たりや風通し、防犯面での懸念が生じることがあります。

光が遮られたり、風が強まったり、安全面でのリスクが高まったりする可能性があります。

したがって、マンションの1階に住む場合は、建物の状況だけでなく、周辺環境にも注意を払う必要があります。

例えば、周囲に高い建物や建築物がないか、公共交通機関や商業施設へのアクセスが便利かなどを確認することが重要です。

また、将来的に住み替えを考えている場合には、どの階が自分にとって最適かを判断する手がかりになるかもしれません。

各階の利点や欠点を考慮し、自分に合った環境を選択することが大切です。

タイトルとURLをコピーしました